Treatment

しわ・たるみの治療方法

しわ・たるみの治療方法

クリニックなどで医師が行うしわ治療には、ボツリヌストキシン製剤やヒアルロン酸注入材を用いた注射による治療、レーザー、手術、などのさまざまな方法があります。

まずは専門医によるカウンセリングを受け、ご自身のしわのタイプにもっとも適した治療を受けることが大切です。

※ボツリヌス治療・ヒアルロン酸注入は保険適用外のため、患者様同意のもとに行われる自由診療となります。

ボツリヌス治療

ボツリヌス治療の特徴

ボツリヌス治療薬注入は、ボツリヌス菌から抽出されるたんぱく質の一種を注射する治療で、しわの原因となる筋肉をリラックスさせることで、しわを改善する治療法です。
主に筋肉の収縮によってできる 眉間や目じりの表情じわの治療に適しています。

しわ、たるみの治療方法-ボツリヌス治療

しわ、たるみの治療方法-ボツリヌス治療

治療の方法

顔の表情筋に、少量の薬剤をごく細い針で注射します。
治療にかかる時間はわずか10分程度*。
また、手術などとは違い、基本的には麻酔も不要で、通院や入院も必要ありません。
治療当日からすぐに普段どおりの生活ができます。
*治療時間には個人差があります

効果のあわられ方

一般的に、治療の2~3日後から徐々に効果を感じられるようになります。
そして、個人差はありますが、通常3~4ヵ月くらい効果が持続。
時間が経って、注入したボツリヌスがなくなると、治療の効果はだんだんと薄れて元の状態に戻ります。
治療によって治療前よりも、しわがひどくなることはありません。

ボツリヌス治療の際に気をつけること

薬剤の効き過ぎ等により、筋肉が必要以上にリラックスすることで眉毛が下がったり、まぶたが重くなることがあります。
ただしその場合でも、半月から1 ヵ月程度で症状が消えることがほとんどです。
ボツリヌストキシンに対する筋肉の反応性は個人差があるので、過去に注射して効きすぎた経験がある場合は、医師にその旨をしっかりと伝えて、注射してもらう量を調整してもらうようにしましょう。

長い間、医療の現場で使われてきたボツリヌス治療

ボツリヌスとは、ボツリヌス菌の毒を抜いたタンパク質の製剤を指します。
ボツリヌス治療は、アメリカにおいて1970年代から眼瞼けいれんや斜視、多汗症など、医療の現場で使用されてきた長い歴史があります。
美容医療で使われるようになったのは1980年代後半からと言われていて、2003年にはアメリカのFDA(食品医薬品局)により、しわ治療薬として認められました。
日本では2009年に、65歳未満の眉間の表情じわへ、2016年5月から、65歳未満の目尻の表情じわへの治療が厚生労働省に承認されました。
ボツリヌス治療は、ダウンタイム※1がほとんどない、アメリカでは年間676万人以上の施術回数※2がある最もポピュラーなアンチエイジング美容治療法となっています。

※1
ダウンタイム…施術後から回復までの期間のことで、施術前の生活を取り戻せるまでの期間。
※2
American Society of Plastic surgeons 2015 Plastic Surgery Statistic Report Data

厚生労働省から承認の有無

日本では、厚生労働省が承認したボツリヌス治療薬があります。
承認を受けた製剤は、ボツリヌス菌の精製から製造・保管・輸送まで、すべてのプロセスにおいて徹底した温度管理のもと管理されます。
また、販売後も追跡調査を行うなど、常に有効性と安全性を確認しています。
治療を受けられる際には、用いるボツリヌス治療薬が承認を得た製品であるかどうか、医師に確認することをお勧めします。

美容医療クリニックを探す

美容医療クリニックを探す

more
美容医療クリニックを探す

美容医療
クリニックを探す

more